ニュース

年間約800校にて、10万人の子ども達に伝えている、いのちと性のライフスキル授業「誕生学スクールプログラム」の講師を目指してみませんか?このたび、10月開講が決定いたしました。現在、受講者募集中です。

e-ラーニングによる<STEP1>基礎知識研修をご自宅でお好きな時間に学びながら、<STEP2>開講技能研修で、講師としての知見を広げ、学校での授業に必要とされるスキルを直接学ぶ「スクーリング講義&ワークショップ」の2部構成となっております。

お申込み後は、
入会申込み(および入会審査)
研修受講料お支払い
web受講開始・・という流れになっております。

子ども達の自己肯定感を育む誕生学講師研修へのご参加をお待ちしております!

★お気軽にお問合せください。
誕生学協会 050-5468-5035

★お申込みは以下よりお願いします。

【マタニティ誕生学アドバイザー 養成研修のご案内】

新しい生命の、誕生の喜びを倍増する学びを届ける
マタニティ誕生学アドバイザー、育成を開始します。

教養として、妊娠出産の心理と生理を伝える人材
マタニティ誕生学アドバイザー

対象:助産師、産科経験のある看護師等(医学的産科知識・経験のある方)、スクール誕生学アドバイザー講師

2005年設立以来、誕生学協会では年間700校〜1000校の小中学校に「生命と性の教育・スクール誕生学」を届けてまいりました。

これまで100万人以上の子どもたちが大人となり、新しい生命を迎える時期に入りました。
少子化時代、妊娠出産を希望する方々に、さらに温かな精神サポートを届けようと、
このたびマタニティ誕生学アドバイザー養成研修を開講することとなりました。

15周年事業として、また公益法人を10期で卒業して一般社団法人としてのスピードとフレキシビリティーで、海外展開も視野に事業展開してまいります。

これまで産前産後支援事業のとして、杉並区週末両親学級を13年間、
板橋区ベビーマッサージ教室事業や台東区や品川区の両親学級も委託を受けてまいりました。
代表の大葉によるプログラム開発や委託は、ピジョン様育児クラスをはじめ、
ミキハウス様や三越伊勢丹様、阪急モザイク様などでのマタニティクラス展開、
産婦人科や助産院勤務助産師へのクラス開講技法研修なども展開してまいりました。
20年以上の現場実績から適切なカリキュラムで技能研修を展開します。

平均初産年齢は30歳で世界最高齢となったものの、昨今の20代ビジネスパーソンは、
20代のうちに親になるライフデザインを持ち、積極的です。
とはいえ情報洪水の中で、得る情報によっては印象操作を受け、現実以上のストレスを持つケースもあります。

“出産はそのほとんどが合併症をおこさずに生理的に進行する”と、WHOは2018年に新しくガイドラインを発行しました。
会陰切開などの侵襲的処置をしない産科医も増え、妊娠中の合併症がなければ、
以前よりも出産の身体的負担は減っている方向にあります。

生理的出産について学び、安心感を感じる機会を届けましょう。

■カリキュラム
・生理的出産のエビデンス基礎知識
・妊娠経過とマイナートラブル
・分娩機序
・陣痛解説と不安予防策について
・助産師によるレクチャー
(生理的な出産の助産、母乳育児支援、他)
・産婦人科医によるレクチャー
(帝王切開、誕生死、産後うつ対策)

上記カリキュラムを、
スクーリングとオンラインで研修します。 

■講師
助産師、産科医、臨床心理士、誕生学開発者(保健学修士)らによります。

■トレーナー
認定バースコーディネーター、バースエデュケーター、バースドゥーラなど有資格者らから適宜構成されます。

■レポート提出があります。

■認定試験
・開講技能試験
・筆記試験
最終スクーリングの約1か月後に試験日が複数設定されます。

■受講エントリー審査について
産科医療に関する情報が含まれるため
受講エントリー申請時に適性審査があります。
受講可能な方にお受けいただく研修です。
(受講いただけない理由についてはお伝えしかねます)

■受講料=170,000円+税 合計187,000円
■年会費=12,000円(税込み)(月会費1,000円)※毎年4月の更新時にお支払いいただきます
■教材費=60,000円程度
※研修受講料のみ分割お支払い頂けます。

■特別受講枠=スクール誕生学アドバイザーの方、バースエデュケーター養成研修修了生
は半額受講(85,000円+税 合計93,500円)いただけます。

■スクール誕生学アドバイザーの方は、全員エントリーが可能です。

■お申し込みは、以下のフォームからお願いいたします。
https://pro.form-mailer.jp/fms/87584058178848

■お問い合わせ先
 誕生学協会事務局
 050-5468-5035
 jimukyoku@tanjo.org