誕生学協会顧問のご紹介

高橋 徳
医師

誕生学協会の顧問に御推挙頂き、ありがとうございます。謹んで拝命させていただきます。

視床下部で産生されるオキシトシン(神経ホルモン)は妊娠、出産、育児 などに大きく関係しています。私の過去10年間のオキシトシン研究の成果が,貴協会の活動に役立つことがあれば,望外のよろこびであります。

平成29年4月8日

ウイスコンシン医科大学教授 クリニック徳院長 高橋徳

 

 

♦プロフィール

1977年、神戸大学医学部卒業。関西の病院で消化器外科を専攻した後、1988年米国に渡る。ミシガン大学助手、デユーク大学教授を経て、2008年よりウイスコンシン医科大学教授。米国時代の主な研究テーマは『鍼の作用機序』と『オキシトシンの生理作用』。2013年郷里の岐阜県で統合医療クリニック「高橋医院」を開業。2016年名古屋市に分院「 クリニック徳」をオープン 。

「明日の医療を考える会—ミモザ岐阜—」代表。「日本健康創造研究会」会長。

 

♦主な著書

Physiology of love (2013),

Integrative Medicine-its role for our future medicine (2013)

Neurobiology of Acupuncture (2013)

人は愛することで健康になれる(2014)

あなたが選ぶ統合医療 (2015)

オキシトシン健康法 (2016)