ニュース

誕生学アドバイザー育成研修の4月コースの日程が決定いたしました。
Step1 2017年4月30日(日)
Step2 2017年5月1日(月)
Step3 2017年6月4日(日)
Step4 2017年6月5日(月)
Step5 2017年7月7日(金)
全て10:00~17:00

研修のお申込み方法など、詳しくはこちらから。

10月~12月に行われました、誕生学スクールプログラムの実施詳細がご覧いただけます。

http://tanjo.org/wpcore/wp-content/uploads/2017/01/1f863ee732561fc85f03dc592f1aa07e.pdf

2017年1月5日より営業いたします。
お問合せは1/5以降にお願い申し上げます。

公益社団法人誕生学協会主催子ども未来塾

「こどもの心を支えたい人達へー児童養護施設の現場から学ぶー」

 

児童養護施設、清瀬子供の家施設長の早川悟司氏を講師にお迎えし、
●背景にある貧困とは?

●負の連鎖、子どもへの虐待を防ぐには?

●子ども達の心を支える取り組み

など、現状と社会や大人ができる取り組みを学びます。

 

≪講師プロフィール≫

早川悟司氏

清瀬子供の家 施設長・東京都社会福祉協議会児童部会リービングケア委員会副委員長・全国児童養護問題研究会組織部長
コーディネーター :大葉ナナコ

※後半は、早川氏×大葉ナナコによるトークセッションを予定しております。質問タイムも予定しています。

 

≪開催概要≫

日時:2016年12月4日(日)   13:30~15:15(開場13:15)

会場:国立オリンピック記念青少年総合センター センター棟416号室

参加費:2500円(一般)    1500円(学生)

お申込み方法:こちらよりお申込みください

2016年7月に、メタモル出版社より発刊された書籍『子どもを守るために知っておきたいこと』(13名の共著)において、誕生学について言及された項目がありました。

 

その原稿の中には、誕生学に関して事実と異なる表現や言及があった他、大葉ナナコ代表理事の書籍『ライフ~誕生学の現場から』からも誤った引用がなされていました。

誕生学協会としては、このような誤りを看過することはできないため、ただちに複数の弁護士による弁護団を通じて出版社に対し、抗議、文章の削除、訂正を要求しました。

その結果、同年8月末、出版社は大葉ナナコ代表理事の書籍からの引用に誤りがあったことを認め、第3版の未出荷分の出庫停止と、第4版から誕生学に関する項目を一部修正するという対応がなされました。

しかし、同書籍が「誕生学スクールプログラム」を自殺予防教育と位置づけて、その有効性に疑問を呈するという誤った姿勢は変わっていません。

そこで誕生学協会としては、今後も弁護団を通じて、出版社及び著者に対し、誕生学に関する記載の修正を求めていく予定です。

本件に関しましてこれまでご心配をおかけしました皆様にはお詫びを申し上げると共に、当協会の活動に正しい理解とご支援をお示しくださった方々に御礼を申し上げます。

今後も誕生学協会の活動にご理解ご協力よろしくお願い申し上げます。

 

8月~9月に行われました、誕生学スクールプログラムの実施詳細がご覧いただけます。
http://tanjo.org/wpcore/wp-content/uploads/2016/01/39cdbd1be6a4c0ff354631478d3281ea.pdf

シンガポール在住の日本企業様、個人の方々からお預かりしていましたご寄附による、気仙沼での「うまれる」「ずっと、いっしょ。」の映画上映会「気仙沼 未来のオトナ応援プロジェクト」が10月25日に、気仙沼市民会館にて行われました。

当日は50名を超える市民のみなさんがご来場になり、家族とは?いのちとは?を描いた2本の感動作をご覧いただきました。
シンガポールからご支援をいただきました方々、ご来場の方々に感謝申し上げます。

誕生学スクールプログラムの学校や保護者会での実施ご依頼、講演会のご依頼は、ホームページの申し込みバナーよりお申し込みをお願いいたします。折り返し協会事務局よりご連絡いたします。

誕生学スクールプログラムのfacebookページができました。

スクールプログラムの開催の様子など、こちらのページからご覧いただけます。

ぜひ、「いいね!」をお願いたします♪

誕生学アドバイザー育成研修の沖縄コース、広島コースの研修日程が決定いたしました!

お申込み受付中です。

詳しくは、こちらからご覧ください。

このたび、都内の児童養護施設等の子ども達へ「誕生学プログラム」を届ける支援事業へ、
公益財団法人東京都福祉保健財団の「東京子育て応援事業助成金」の交付が決定しました!!

東京都内の児童養護施設を中心に、関連の施設にて、
退所が近い中学3年生、高校3年生のためのリービングケアプログラムや
児童養護施設の子ども達向けの「誕生学プログラム」を無償で届けます。

9月以降、平成30年の3月まで、都内の全施設に広報をスタートし、プログラムの実施を進めて参ります。

★公益財団法人東京都福祉保健財団の専用ページにも紹介されています。

http://www.fukushizaidan.jp/313kosodate/jyosei_h28.html

★引き続きのご支援をよろしくお願いいたします。
全国の児童養護施設にも「誕生学プログラムを届けるためにご寄附をお寄せください。

http://tanjo.org/donation/

誕生学協会は、8月12日(金)~15日(月)まで夏季休暇をいただきます。
お電話メールでのお問合せは、8月16日(火)以降にお願いいたします。

誕生学ガールズエンパワメントプロジェクトでは、助成金を使ったガールズプログラムの学校での無償開催を致します。
学校での開催をご希望の方は、お申込みください。
詳しくはこちら

7月27日に「ガールズエンパワメントプロジェクト公開フォーラム」を開催いたしました!
当日の様子はこちらから!

誕生学協会の10代の女の子のカラダとこころを守るために、全国の学校に特別授業を届けるプロジェクト「ガールズエンパワメントプロジェクト」の公開フォーラムです。

10代の女の子が、自分が本来もっている力に気づき、自分を大切にしながら自分の意志で行動できるようになるには?

予期せぬ妊娠や、望まぬ中絶、デートDV被害などを減らし、未来の虐待など「負の連鎖」を少しでも減らすには?

未来を楽しみにとらえ、幸せな気持ちでいのちをつなぐ女の子になるためには?

日本中の未来ある10代の女の子たちにいま伝えたい大切なこと、親や教師、社会がなすべきことを、専門家と各分野で活躍中のゲストを迎え、公開討論の形で探ります。

詳細・お申込みはこちら

誕生学Ⓡや誕生学アドバイザーに興味のある方はもちろん、こどもたちのために、社会と未来のために動き始めたい方に最適なセミナーです。
自らの生まれてきた力に着眼し、自尊感情を高めるプログラムとして、現在年間約1,000校以上の学校で採用されている「誕生学®」のファウンダーであり、プログラムの開発者である大葉ナナコが、「誕生学®」の取り込みとその魅力、家庭でもできる「いのちの話」についてお話しします。

詳細・お申込みはこちら 

9月スタートコースの募集を開始しました!

日程、詳細についてはこちらからご覧ください

《熊本へご支援ををいただきました方々へご報告》
熊本での震災を受けまして、誕生学協会の口座まで支援金をいただきました方々にご報告申し上げます。

これまで熊本の由来助産院を中心に、福岡や新潟在住の誕生学講師のスタッフも現地に駆けつけ、赤ちゃんとママに特化したケア活動を行って参りましたが、今後この活動を継続して行うために、現地熊本にて【NGOマザー&アースくまもと】が発足いたしました。

今後はこのマザー&アースくまもとが、産後ケアの活動を引き続き続けて参ります。

これまでいただきました支援金はすべて【NGOマザー&アースくまもと】宛にお送りし、活動費用として使わせていただきます。
何卒ご了承ください。

それに伴いまして、今後のご支援は、
【NGOマザー&アースくまもと】の口座までお願いいたします。

※今後もし誕生学協会に振り込まれた場合も、マザー&アースくまもとにお渡しいたします。

まだまだ現地では先の見えない厳しい状況が続いております。
引き続きのご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

【NGOマザー&アースくまもとへのお振込み先】
ゆうちょ銀行
記号17120
番号32120231
名義:マザー&アースくまもと

<他金融機関からお振込みの場合>
ゆうちょ銀行
店名 七一八
店番 718 普通預金
口座番号 3212023
名義:マザー&アースくまもと

◎全日本社会貢献団体機構(http://www.ajosc.org/)より、「ガールズエンパワメントプロジェクト」が助成の内定をいただきました!
ガールズプログラムの学校での無償実施、研修フォーラムなど啓蒙イベントの実施など、7月末の助成金受理後に事業を本格スタートして参ります。

詳細はガールズエンパワメントプロジェクト特設ページにてご覧いただけます。

熊本での地震の災害が、赤ちゃんとママに及んでいます。

おむつや水、ミルクほか支援物資が被災者の手元まで届かない。
欲しい支援物資が足りない・・・といった問題のほか、
施設の設備や通信手段の確保、移動のための費用など
現地で支援するボランティアのための活動資金が不足しています!

誕生学協会の講師会員が運営する熊本の由来助産院、そして九州の助産師さんの多くが
現在ママと赤ちゃんの世話をしながら、支援物資を預り、
ママたちに実際に届ける作業を連日連夜行っています!

その現場では、車輛や人の確保、ガソリン代、通信費用などが不足しています。

そこで、今回由来助産院とつながりの深い誕生学協会の口座を、支援金の受け入れ窓口として提供し、
皆さまから『支援金』を一旦お預かりし、すみやかに現場にお渡しすることになりました。
※「支援金」とは、支援する人たちの活動を支えるための後方支援資金です。

誕生学協会がお預かりした支援金は、
すべて速やかに熊本の由来助産院をはじめ、一緒に活動いただいている県内外の助産師さん、
現地にてサポートにしてくれる方々にお渡し、赤ちゃんとママのための物資や人の移動のための
ガソリン等の輸送経費や交通費、通信費、不足している物資購入費として使用いたします。

★熊本&九州のママと赤ちゃん震災復興支援金募金 振込先★
三菱東京UFJ銀行
渋谷支店 普通
0858064
公益社団法人誕生学協会

皆さまからの早急なご支援をぜひよろしくお願いいたします!

★以下をご了承の上、ご支援ください。 
〇支援金は、原則的に母子支援目的のみに使用いたしますが、
 使途につきましては、由来助産院さんおよび活動する助産師さんに一任いただきます。
〇寄附領収書の発行は致しかねますが、 ご希望の方は誕生学協会までご連絡ください。
〇支援金の使途報告書の発行を後日予定しております。
 ※発行時期は未定です。

被災した熊本の赤ちゃんとママの支援のために皆さまのご協力をよろしくお願いいたします!

★シェアの拡散にもご協力ください!
<支援金募金に関するお問合せ>
公益社団法人 誕生学協会
03-5738-5761
kumamoto@tanjo.org
熊本支援金係 宛